今週はジャパンカップ。
外国人騎手も沢山いますが、今回は敢えて日本人騎手で。

土曜の横山典弘騎手は、メインレースに乗鞍無し。
(特別登録の段階ではダノンの馬に乗る予定だったみたいですが)

そうなると他に勝負鞍があるはず。
注目は10Rの降級馬カムフィーと1Rのトーセンセラヴィ。
カムフィーは出遅れぐせがありますが、普通に競馬ができれば勝ち負け。
トーセンセラヴィは新馬戦では5着も
レース後の談話によると「初めてのレースで調教と走りが違った」そうで
「本来の走りができればもっとやれる」という評価。
妙味はトーセンの方にありそう。

日曜の北村騎手はジャパンカップに乗鞍なし。
狙い目は当然10Rのダイワズーム。
間隔を詰めて使いますし、勝負気配。
何よりこのレース他の馬に不安要素がある中で
この馬だけが減点材料が少ない。(あるとすればこの時期の牝馬ということだけ)
なので軸で勝負できそう。

横山典弘
(土) 東京 1R トーセンセラヴィ ダ1600m 前走 5着
(土) 東京 5R サクラフォンテーヌ 芝1600m 初出走
(土) 東京 6R トーセンプレジオ 芝1400m 初出走
(土) 東京 7R インストアイベント ダ1600m 前走 8着
(土) 東京 9R トーセンマイティ ダ1600m 前走 1着
(土) 東京10R カムフィー 降 芝2000m 前走 2着
(土) 東京12R ヴェルデホ ダ1600m 前走 5着

北村宏司
(日) 東京 1R レッドウォーリア ダ1600m 前走 9着
(日) 東京 3R ネオヴァロン 芝1800m 前走 5着
(日) 東京 4R クワトロガッツ 芝2000m 初出走
(日) 東京 6R モビール 芝2400m 前走 5着
(日) 東京 7R ショウナンワダチ 芝1600m 前走 1着
(日) 東京 8R トーホウペガサス ダ1400m 前走 3着
(日) 東京 9R ベステゲシェンク 芝1600m 前走 4着
(日) 東京10R ダイワズーム 降 芝2000m 前走 3着