いよいよ2013年も終わりです。

今年を騎手という観点から総括すると

福永騎手が131勝でリーディングを獲りました。
去年はアメリカに遠征していた時期もありましたが
今年は1年中日本で騎乗し、きっちり結果を出しました。
G1でも菊花賞、天皇賞秋を制し軌道に乗ってきましたね。

それと年間100勝ジョッキーが7人も出たのが印象的。
特に北村宏司騎手は初めての100勝。
戸崎騎手も3月から中央で乗り始めてあっさり100勝越え。

そして例年通りなのですが秋から年末にかけては外国人騎手が活躍。
ムーア騎手がジャパンカップ、朝日杯、
ルメール騎手がジャパンカップダートを制しました。
ウィリアムズ騎手は去年ほどの勢いがありませんでしたね。

あとやはり武豊騎手の復調が印象的。
G1を2勝してリーディングを獲った頃に戻りました。

あと相変わらず西高東低が続くせいか
騎手も同じ傾向があります。
まぁこれはすぐにどうなるものでもないでしょうけど。

関東はベテランジョッキーが以前より成績落としていますし
関東騎手がもうちょい頑張らないと盛り上がらないですね。

ともかく来年も競馬を楽しみたいと思います。
皆さん良いお年を。